ミッドウェー 海戦 大和

公開日: 22.09.2020

アメリカ軍航空隊は武蔵一隻を撃沈するのに5時間以上もかかり手間取った点を重視し、大和型戦艦の攻略法を考えていたという [] 。その方法とは、片舷の対空装備をロケット弾や急降下爆撃、機銃掃射でなぎ払った後、その側に魚雷を集中させて横転させようというものだった [ 要出典 ] 。だが、意図的に左舷を狙ったというアメリカ軍記録や証言は現在のところ発見されていない [ 要出典 ] 。. これにより日本側の参加空母数が減ることとなったが、それでも隻数の上では4対3(日本軍は、エンタープライズ、ホーネット、ワスプ出現可能性考慮)と、アメリカ軍より優勢であった。ただしミッドウェー基地の航空機を計算にいれると、航空戦力比は日本軍「戦闘機、急降下爆撃機84、雷撃機94、艦偵2、水上戦闘機24、水上偵察機10、計 南雲部隊、近藤部隊、輸送部隊合計 」、アメリカ軍機動部隊「戦闘機79、急降下爆撃機、雷撃機42」、アメリカ軍基地戦力「戦闘機27、急降下爆撃機27、雷撃機6、飛行艇32、大型爆撃機23」総計機となって、ほぼ互角であった [84] 。.

真珠湾攻撃直前に変更された日本海軍の 戦略暗号 "D" は、アメリカ軍の諜報部よりJNと呼ばれていた。年4月頃には、ハワイ真珠湾のアメリカ海軍 レイトン(情報)班が、日本軍の暗号を断片的に 解読 し、日本海軍が太平洋正面で新たな大規模作戦を企図していることについても、おおまかに把握していた。この時点では時期・場所などの詳細が不明であった。その後、5月ごろから通信解析の資料が増え、暗号解読との検討を繰り返して作戦計画の全体像が明らかになると、略式符号「AF」という場所が主要攻撃目標であることまでわかってきた。しかし「AF」がどこを指しているのかが不明であった。アメリカ側は、 [] [ 信頼性要検証 ] 日本海軍の編成表から「A」「AO」「AOB」がアリューシャン方面であることは明白であると判断した。.

大和は菊水作戦で沖縄までの片道分の燃料しか積まずに出撃したとする主張が存在したが、記録、証言から約4,(満載6,)トンの重油を積んでいたことが判明している [] 。戦闘詳報でも大和の出撃時の燃料搭載量はtと表記されており、生存者の三笠逸男は出撃前に燃料担当の同僚と会い、周囲のタンクなどからかき集めて合わせてt程大和に搭載する事を聞いている [] 。. 午前2時15分 ごろ、アディ大尉が操縦するPBYカタリナ飛行艇は日本軍 零式水上偵察機 (利根4号機)を発見 [] 、近くに日本艦隊がいると判断した大尉は付近を捜索した結果、15分後に南雲部隊を発見して「日本空母1、ミッドウェーの度、浬」と平文で報告した [] 。日本側もPBY飛行艇を発見し、警戒隊の軽巡洋艦 長良 から、続けて戦艦 霧島 から敵機発見の煙幕があがった [] 。南雲機動部隊は直掩零戦隊を発進させはじめたが、アメリカ軍飛行艇は雲を利用して回避しつつ接触を続け、零戦隊はとうとうアディ大尉のPBY飛行艇を撃墜できなかった [] 。午前2時40分 、アディ大尉機と同じ針路を遅れて飛んでいたチェイス大尉のPBY飛行艇もミッドウェー空襲隊を発見・報告した [] 。アメリカ軍偵察機が南雲部隊発見を通報した無電はミッドウェー基地や南雲部隊などには傍受されたが、第16・17任務部隊には混線したため内容が把握できなかった。両部隊が内容を把握できたのはPBYからの続報を元にして、()にミッドウェー基地が打電した平文の緊急電を傍受してからである。この平文電報は赤城でも傍受している [] 。.

大和 (やまと) [5] は、大日本帝国海軍が建造した 大和型戦艦 の1番艦 [6] 。2番艦の 武蔵 とともに、史上最大にして唯一46センチ砲を搭載した 超弩級戦艦 であった。 呉海軍工廠 で建造され、昭和20( )年4月7日、 特攻作戦 に参加して沈没した。. 表示 閲覧 編集 履歴表示. 偵察に出発した十三試艦爆と入れ替わるようにミッドウェー島の攻撃を終えた蒼龍攻撃隊が艦隊上空に戻ってきた。この時 第二航空戦隊 (飛龍、蒼龍)を率いていた山口少将は、一刻を争う状況と判断して、駆逐艦 野分 を中継し、あらゆることを放棄し、現装備の陸用爆弾のままですぐに攻撃隊を発進させるように、南雲長官に進言した [] 。文面には諸説ある。一説には「直チニ攻撃隊発進ノ要アリト認ム」だったとされる [] [] [] 。一航艦航空参謀だった源田中佐 [] 、一航艦信号員だった橋本広 [] 、「日映」特派員として従軍していた司令部付の牧島貞一記者が証言している [] 。第二航空戦隊通信参謀だった安井真二少佐によれば、「攻撃隊ヲ」の形で山口自ら起案し(普通は起案は参謀に任せる)、発信するように二航戦航空参謀の橋口喬少佐に指示したという [] 。赤城の発着指揮所で一航艦司令部の様子を伝聞していた淵田中佐も「攻撃隊ヲ」の形で証言している [] 。一方で、「現装備ノママ直チニ攻撃隊ヲ発進セシムルヲ至当ト認ム」という説もある [] 。一般的にこの進言は「〜の要ありと認む」と記されるが、飛龍の掌航海長だった田村士郎兵曹長によれば、山口少将から発信の指示を田村が直接受けたとして、文面は「現装備ノママ〜」、「〜至当ト認ム」であり、南雲長官が雷装準備が完了するまで出撃を引き伸ばさないよう促しているという [] 。.

最後に計画され、連合艦隊が最も重視した第2次K作戦は、オアフ島西北西海里にある フレンチフリゲート礁 で潜水艦の補給を受けた二十四航戦の二式大艇によるオアフ島の航空索敵である [93] 。第1次は3月に実施し、さらに二式大艇によるハワイ空襲時にもフレンチフリゲート礁は使用された。しかし、アメリカ軍は日本軍の作戦を暗号解読で察知すると、海域一帯に警戒艦艇を配置して封鎖した。潜入した 伊 は「見込み無し」という報告を送った [94] 。これを受け 第十一航空艦隊 は5月31日21時23分に作戦中止を二十四航戦に指示した。この偵察作戦が成功すればそれがもたらす成果は大きいはずだったが [95] 、大型機による夜間偵察では大型艦を空母と誤認する危険があった [96] 。また米空母の真珠湾在泊を確認できれば作戦の価値は極めて大きいが、米空母が不在であった場合は、5月末から6月初にかけての日本海軍の状況判断から見て、米空母はまだ南太平洋方面で行動中であろうと判断したのではないかという意見もある [97] 。6月1日、二十四航戦の司令部からミッドウェーの浬圏付近で敵の潜水艦や飛行艇と会敵したことと、第2次K作戦の中止が連合艦隊司令部、南雲機動部隊司令部に伝達された [98] [99] 。無線封止が重要視されたため連合艦隊司令部からは南雲機動部隊に作戦中止の連絡はしていない [] 。作戦中止に対し連合艦隊司令部から作戦再興の指示は出されなかった [] 。南雲機動部隊首脳部もK作戦の中止を大した問題とは考えなかった [98] [] 。連合艦隊参謀らによれば、知的手段は崩れたが、連合艦隊は米艦隊はハワイからの出撃が遅れるだろうと考えていたの大した心配はしていなかったという [] 。.

4221127 2. 4 [] 349 4 355 [] 355 115610 [] 21 []. 12 [] [] []. [] [] [] [] []. [] [] [] [] .

ロ号艦本式缶 12缶.

このクリエイターの人気記事

新造時 45口径46cm3連装砲塔 [3] :3基 60口径 南雲機動部隊は 赤城 、 加賀 、 蒼龍 、 飛龍 の空母4隻に対し、護衛艦は 霧島 、 榛名 の戦艦2隻、重巡2隻、軽巡1隻、駆逐艦12隻、油槽艦8隻であった。. ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. ワシントンの アメリカ統合参謀本部 は攻撃目標をハワイ、陸軍航空隊では サンフランシスコ だと考え、また アラスカ 、米本土西岸だと考える者もいた。5月中旬になっても決定的な情報は無かったが、 チェスター・ニミッツ 大将は各種情報と戦略的な観点からミッドウェーが目標であると予想し、ハワイ所在のレイトン情報主任参謀らも次第にミッドウェーが目標であるとの確信を深めていった。.

南雲司令部は、偵察を1回のみの1段索敵として巡洋艦の水上機が割り当てられ、空母艦載機が出した索敵機は 九七艦攻 2機のみである。この索敵計画の立案を担当した 吉岡忠一 少佐は「当時攻略作戦中敵艦隊が出現することは、ほとんど考えていなかった。そのため、索敵は厳重にするのがよいことはわかっていたが、索敵には艦攻を使わなければならないので、攻撃兵力が減り、惜しくて索敵にさけなかった。全く情況判断の甘さが原因である」と語っている [70] 。一段索敵と決めた参謀長 草鹿龍之介 は「攻撃兵力を増やそうとして偵察を軽視した」と語っている [] 。.

F・J・フレッチャー R・A・スプルーアンス. 人員物件を搭載して12月20日に大和、山雲、谷風は横須賀を出発したが、12月25日に大和はトラック島北西浬でアメリカの潜水艦 スケート USS Skate, SS より魚雷攻撃を受け、主砲3番砲塔右舷に魚雷1本を被雷した [68] 。4度の傾斜を生じたが約トンの注水で復元、速度を落とさず速力20ノット前後でトラック泊地へ向かった [68] 。魚雷命中の衝撃を感じた者はおらず、わずかに傾斜したため異常に気づいたという [69] 。一方、すぐに魚雷命中と気がついた、乗り込んだ陸軍の兵士が衝撃に驚いて大騒ぎになったという乗員の証言が残されている [70] 。爆発の衝撃で舷側水線装甲背後の支持肋材下端が内側に押し込まれ、スプリンター縦壁の固定鋲が飛び、機械室と3番砲塔上部火薬庫に漏水が発生する被害を受けた [71] 。浸水量はトンである [72] 。敵弾が水線鋼鈑下端付近に命中すると浸水を起こす可能性は、装甲の実射試験において指摘はされていたが重大な欠陥とは認識されていなかった [73] 。工作艦の 明石 に配属されていた造船士官によれば、トラック泊地着後の大和は明石に「右舷後部に原因不明の浸水があり調査して欲しい」と依頼、工作部員達は注排水系統の故障を疑ったものの異常はなかった [74] 。そこで潜水調査をしたところ右舷後部に長さ十数m・幅五mの魚雷破孔を発見し、驚いたという [74] 。同日、トラックに到着 [75] 。大和から人員物件は戊三号輸送部隊へと移され、 カビエン へ向かった [75] 。大和はトラックで応急修理を受けた後、 内地 への帰還を命じられた。.

  • 金剛 比叡 榛名 霧島. 軽巡洋艦長良に移乗した南雲中将は、日本時間6月5日午前8時28分 現地時間6月4日 に筑摩偵察機から「敵は北東90浬」の報告を受けて水上戦闘を決意し、午前8時53分に「今より攻撃に向かう、集まれ」と集合命令を出した [] 。日本軍三空母炎上の報告を受けた連合艦隊旗艦 大和 の艦橋は雰囲気が一変し、 黒島亀人 首席参謀は涙を浮かべてテーブルを叩いた [] 。 山本五十六 長官は渡辺と将棋を指している時に「赤城、被爆大、総員退去」との報告を受けたが、「ほう、またやられたか」「南雲は帰ってくるだろう」とつぶやいただけでそのまま 将棋 を続けたという [] 。この時、連合艦隊主隊は濃霧の中で戦艦「長門」が連絡不能になるなど混乱しており、焦りがつのるばかりであったという [] 。午前9時20分 、 山本五十六 長官はGF電令作第号で輸送船団の一時北西撤退を命じる。日本軍攻略部隊(第二艦隊)の 近藤信竹 中将は、これを受けて占領隊(日本軍輸送船団)に北西退避を命じ、 栗田健男 の支援隊(第七戦隊)に合同するよう命じた [] 。同時に山本長官は、アリューシャン方面に投入されていた第二機動部隊 角田覚治 少将、空母: 隼鷹 、 龍驤 に対し、第一機動部隊 南雲機動部隊 と合流するよう打電した [] 。だが両艦隊の距離は遠く、合流は早くとも9日で、 宇垣纏 連合艦隊参謀長は空母を分散させたことを後悔している [] 。同時刻、南雲中将も各艦に「昼戦をもって敵を撃滅せんとす」と伝え、第八戦隊(利根、筑摩)は魚雷戦を挑む準備を整える [] 。午前10時、山本長官はGF電令作第号、号にて第二艦隊に以下の命令を伝えた [] 。.
  • C「昭和16年12月〜昭和17年4月 蒼龍飛行機隊戦闘行動調書 3 」(MI作戦出撃分含) Ref.

41753035 []. [79] 5518 [80]. 3211213511103, 7 412 21 669 10 415 72 112734 [] 41348 []? 13111220 [] 3 ウェディング・ イブ [].

話をさかのぼる事1か月前のアメリカ軍部

詳細は「 蒼龍 空母 」を参照. 橋本大尉は、友永機について「左翼タンクの応急修理くらいはしたはず」と戦後に推定していた [] 。飛龍で友永機の機付整備員であった谷井繁義によると、射抜かれたタンクの交換には半日を要し、もとより不可能であり、貫通孔を麻布と接着剤でふさぐ応急修理のみが可能であった [] 。谷井ら整備員が応急修理を終えて燃料を入れてみると、気がつかなかった別の破孔から燃料が漏れ出し、既に再修理の時間はなく、友永機の左翼主タンクは使えなかった [] 。友永大尉は、整備分隊士の野依武夫・整備兵曹長が「片道燃料では出撃させられない」と制止するのを振り切って出撃した [] 。蒼龍乗組の戦闘機搭乗員で、機動部隊上空直衛任務に就いており、蒼龍大火災のため飛龍に着艦した 原田要 は、友永雷撃隊の出撃を見送っており、その際に「友永大尉の艦攻は修理のいとまがなく、片道燃料で出撃した」と整備員たちが話していたと戦後に証言している [] 。米艦隊までの距離は近く、友永大尉は「敵はもう近いから、これで十分帰れる」と告げている [] 。.

この魚雷の命中は、大和の乗員にも印象的に記憶されている。艦橋でも「今の魚雷は見えなかった…」という士官の報告がある。三笠逸男(一番副砲砲員長)は、「4機編隊が攻めてきて魚雷が当たった。艦がガーンと傾きはじめた」と証言している [] 。黒田吉郎砲術長は「右舷前部と左舷中央から大水柱があがり、艦橋最上部まで伝わってきた。右舷に命中したに違いない」と証言した [] 。坂本一郎測的手は「最後の魚雷が致命傷となって、船体がグーンと沈んだ」と述べた [] 。呉海事博物館の映像では、5本の魚雷が投下されたが回避することが出来ないので有賀艦長は何も言わずに命中するまで魚雷を見つめていたという生存者の証言が上映されている。.

C174117621 1 1 Ref. 5 [] 45 [] ミッドウェー 海戦 大和 [] 5 [] 8 840 [] 30830 [] [] 5 [] [] 7 [] 9 [] 41 []. C1612176 Ref. km 3 122 4112 2 2822112.

ミッドウェイ海戦の敗因は何か? 歴史から学ぶ組織論と危機管理意識(雪合戦の体験会も開催)

作家の 澤地久枝 は、第一航空艦隊が第一次攻撃隊を発進させた直後に「敵情に変化なければ第二次攻撃は第四編成をもって本日実施予定」という予令(信)を出した未公開資料を新発見したとして [] 、「運命の5分間」は信で兵装転換を始めて失敗したことを隠蔽するための誤魔化しと主張した [] 。これに対し、豊田穣(元海軍軍人で作家)は、信は戦史叢書ですでに公開された情報であることを指摘 [] 。さらに5分説は海軍の定説と主張する澤地に対し、海軍軍人が作成した戦史叢書や代表的な海軍軍人である源田実は5分説と異なる立場を取っており、海軍の定説ではないとし、澤地の勉強不足を批判している [] 。また、赤城の風紀軍規担当だった芝山末男中尉は、予令で兵装転換を発動することはないし、そんなことをしたら大問題と述べている [] 。そのため、豊田は、たとえ予令で兵器員が独断で行動を開始したとしても、監督不行き届きかもしれないが、草鹿に責任はなく5分説で隠す必要もないと主張している [] 。.

連合艦隊 (主力部隊)  司令長官: 山本五十六 大将. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.

[] 510151330 [] [. , 3. [] [] []. 4546cm3 [3] 3 60.

ミッドウェー海戦の IF

MI作戦の主目標は ミッドウェー島 攻略と米機動部隊(空母部隊)撃滅のどちらにあるのかはっきりしておらず、連合艦隊は米機動部隊撃滅を重視する発言をしていたが、軍令部は主目標を攻略による哨戒基地の前進にあると示していた。軍令部で作戦計画の説明を受けた第一航空艦隊参謀長 草鹿龍之介 少将と第二艦隊参謀長 白石萬隆 少将は、 ドーリットル空襲 の直後だったため、哨戒基地の前進によって米空母による本土再空襲を阻止するものと抵抗なく解釈し、ミッドウェー作戦の主目的は同島攻略という強い先入観を得た。また、5月の図上演習で、陽動で米艦隊を他に誘導してミッドウェーを攻略する案が出たが、連合艦隊参謀長から陽動をしたら米艦隊をミッドウェーに引き出せないとの意見が出た。この直後、軍令部に基づく大本営命令、総長指示で攻略が主目標に示されただけに、白石少将は連合艦隊の解釈が間違っているのではと思ったという。連合艦隊は出撃前に再び米艦隊の撃滅が目的と伝えるが、参加部隊には徹底して伝わらなかった [42] 。.

赤城が被弾した爆弾は発程度で機関部へのダメージはなく、十分復旧可能であった [] が、被弾による火災が兵装転換時に格納庫内に乱雑に置かれた爆弾、魚雷、航空機の燃料へ次々と誘爆を起こし、大火災が発生した [] 。さらに、被弾直後に雷撃機4機を発見し、回避のため左舵をとったところ、舵が固定して動かなくな [] り洋上に停止した [] 。赤城の南雲司令部は内火艇に乗り退艦、駆逐艦 野分 に移乗したあと軽巡洋艦 長良 に移った [] 。直接長良に移乗したという 牧島貞一 従軍カメラマンや乗組員の証言もある [] 。午前8時30分(11:30)、南雲司令部は長良に将旗を掲げた [] 。 青木泰二郎 艦長は消火作業を続行させるが、再度の誘爆により、午後4時25分( に総員退艦を命令した [] 。赤城の処置をめぐって連合艦隊司令部では議論が交わされ、午後7時25分 、山本長官は赤城の処分を中止させた [] 。南雲中将は、 木村進 少将 第十戦隊司令官 に「長良で赤城を曳航できないか」と尋ねている [] 。結局、6月6日午前1時50分(6月5日 に処分命令が下り午前2時に第四駆逐隊の4隻(萩風・舞風・野分・嵐)が雷撃処分した [] 。上記2隻と比べて赤城では機関部員が閉じ込められずに脱出できたので戦死者はそれらより少なく、准士官以上8名、下士官兵名の計名。搭乗員の戦死者は機上・艦上合わせ7名である。 淵田美津雄 中佐、 板谷茂 少佐、 村田重治 少佐の3飛行隊長ら多くの搭乗員が救助された。.

鞍馬 伊吹. 山本長官は以前から本土空襲による物質的精神的な影響を重視していたため、すでに内定していたミッドウェー攻略作戦の必要をこの空襲で一層感じた。連合艦隊航空参謀 佐々木彰 によれば、山本長官はわが空母によるハワイ奇襲が企図できるのであるから、哨戒兵力の不十分なわが本土に対しても、彼もまた奇襲を企図できると考えていたようであるという [28] 。この空襲により日本陸軍もミッドウェー作戦・アリューシャン作戦を重大視するようになり、陸軍兵力の派遣に同意、ミッドウェー作戦は日本陸海軍の総攻撃に発展した [29] 。 昭和天皇 の住む東京を爆撃されたことで山本長官のプライドが傷つき、アリューシャンからミッドウェーにわたる航空哨戒線を築くことで東京に対する二度目の米機動部隊襲撃を阻止する狙いがあったと推測や [30] 、二度目のドーリットル空襲を防ぐためにミッドウェー攻略作戦を急ぐ必要があり、空母瑞鶴を有する第五航空戦隊の戦力が回復するのを待てなかったという推測もある [31] 。.

43849422410 7942272763223 [84]. 631030 [] [] [] 64337 [] 1025 [] 4303 [] [] 1130 [] [] .

読むことをお勧めします:

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 mimwim.net | 利用規約 | 連絡先 |